いい病院、クリニックのえらび方

まず、病院に行ってチェックしてもらいたいのが飾られてる賞状である。
ここからは医師の専門を読み取ることができる。
例えば、肩が痛いときには肩の専門医に診察してもらいたいものである。
これが足の専門医の認定書であった場合には、医師の得意とする分野は肩ではなく足となる。
これは病院のホームページからも収集できる情報であるため、初めて診察を受ける病院に行く前にはチェックしておきたい情報である。
最後にもう一点チェックしておくべきところは、待合室に置かれているパンフレットの種類や量である。
これは先ほどの賞状と同様に医師の専門が読み取れるものとなる。
さらに量が多いことも重要である。
これは、医師が製薬会社から最新の情報提供を受けている証拠になる。
製薬会社にはMRと呼ばれる営業職がある。
医師に対して、医薬品の副作用や最新の情報提供を行なう。
すなわち、パンフレットが豊富に置かれていることは最新の医療に関する情報提供を製薬会社のMRから受けているという指標になる。
是非とも病院を選ぶ際には、事前にホームページをチェックして医師の専門を調査し、待合室では飾られてる証拠(認定書)やパンフレットをチェックすることをおすすめする。