運動習慣によりどんな健康が得られるか

健康に生活するために必要な行為として、規則正しい生活が良いとされます。
バランスのいい食事、適度な睡眠、そして適度な運動が良いとされています。
かつての日本人は農業などに従事していたので、意識的に運動をしなくてもそれなりに体を動かしていました。
今はデスクワークが多くなり、体を動かす機会が少ない人も多くなっています。
運動をするとどんなことに良くなるかとしては、イメージとしては太りにくい等があるでしょう。
食べてばかりで運動をしなければ脂肪を燃焼しないので脂肪がつきやすくなります。
となると血管の病気や内臓の病気などにかかりやすくなるイメージがあります。
でも運動にはそれ以外の効果もあるとされます。
病気の中には肉体的なものだけでなく精神的なものもあります。
表に現れにくく、治療が難しくなるときもあります。
これらの病気も運動習慣があるかないかで発症の割合が変わるようです。
適度に運動をするのは肉体的な健康も手に入れられますが、精神面での健康も得られるようです。